Matt Gillam

JLGC, Board of Advisors

USA

I first travelled to Japan in 1979 before getting my BA in Asian Studies, Japanese Language, at the University of Iowa in 1985. I lived in Japan from 1984 to 1993, including a year abroad at Kansai Gaidai in Osaka, teaching English to everyone from youchiensei to company presidents and capped off my time there with a two-year apprenticeship at Seisetsusha, a ‘starving artist’ architectural design office in Kyoto.

 

After returning to the States, I ended up getting an MA in International Security Policy from Columbia University’s School of International and Public Affairs. This eventually led to my work at JLGC, where, besides handling JET Program and alumni matters, I conduct research on public administration issues, and support Japanese prefecture and local government activities in the US and Canada. I also volunteer with various groups, including All Hands and Hearts and JETAA International.

マスュー・ギラム

 旅行で初めて日本を訪れたのは1979年。その後、アイオワ大学でアジア研究及び日本語を専攻し、在学中に関西外国語大学(大阪)に1年間留学した。留学も含めて、1984年から1993年まで日本での滞在経験があり、滞在中は幼稚園生から企業の社長までを対象とした英語教師として生計を立てた他、2年間「貧乏神がくっついている」京都の建築設計事務所「聖拙社」にて実習生としても働いた。

 

帰国後は、コロンビア大学国際公共政策大学院にて、国際安全保障政策(International Security Policy)の修士号を取得。これらの経験を生かしてJLGCでの勤務がスタートした。JETプログラムとその経験者の会組織(JETAA)の支援などの業務の他に、北米における行財政課題の調査や日本の地方自治体の活動支援に携わっている。また、All Hands and Hearts や JETAA Internationalといった団体でボランティア活動にも励む。

About the Board of Advisors >

© 2019 JETAA International

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle